ヒトプラセンタジェル備忘録

ヒトプラセンタジェルの正しい使い方をシンプル解説

ヒトプラセンタジェルを使いたいけれど、正しい使い方がわからないので不安!

そんな人は意外と多いのではないでしょうか。

そこで今回はヒトプラセンタジェルの正しい使い方をシンプルに解説していきたいと思います。

これからヒトプラセンタジェルを試そうと思っている人、既に使っているけれど使い方が合っているか不安だという人は是非チェックしてみてくださいね。

ヒトプラセンタジェルの目的に合わせた使い方

それではヒトプラセンタジェルの使い方ですが、いくつかの目的に合わせた使い方を解説していきたいと思います。

とにかく手軽にケアしたい人や徹底的にケアしたい人など、目的や使い方はそれぞれだと思います。

今回は主な3つの使い方に触れていきますので、1つずつ目を通してみてください。

シンプルな使い方

まずはシンプルなスキンケアのようなシーンでの使い方について。

ヒトプラセンタジェルを手軽なスキンケアに取り入れたい場合は、「洗顔→化粧水→ヒトプラセンタジェル」の3ステップで済ませる使い方が良いでしょう。

※もちろんその後に乳液やクリームを使ってもOKです。

注意点としては、ヒトプラセンタジェルをベタつくほど使いすぎるのは良くないという点。

なにか悪い影響があるわけではありませんが、安易に「たくさんつければ良いだろう」と使いすぎると、単純にテカリが目立ってしまう見た目はよろしくありません。

また無駄に量が減ってしまうので、適切な量を優しく塗り広げるイメージで使うのがスマートでしょう。

この毎日のスキンケアに手軽に取り入れる使い方は、とりあえずヒトプラセンタジェルを試したい人にオススメな使い方だと言えますね。

こまめに塗布する方法

次にこまめに塗布する目的に合わせた使い方についてです。

例えば火傷痕やニキビ跡などをケアしたい場合、気になる部分に重点的に塗布する使い方!

これはお顔であれば先に挙げた化粧水などを使った後に塗布するケースもあれば、身体の気になる部位にジェルのみを塗布するケースもあります。

注意点としてメイクや皮脂が残っている状態だと成分がお肌の内側に浸透しにくいので、しっかりと汚れを落としてから使うことが大切。

※お顔の場合は洗顔、それ以外の部位であれば軽く石鹸で汚れを落としてからか入浴後に塗布してあげると良いでしょう。

1日数度、気になる部位に塗布している人もいるので、ケアしたい症状に合わせた回数を活用するのが良いでしょう。

とは言え1日に何度も何度も塗れば良いわけでもないので、継続してケアをする習慣をつけることが何より大切なポイントだと覚えておいてくださいね。

本格的な美容ケア

最後に本格的な美容ケアを目的とした使い方についてです。

「洗顔→化粧水→ヒトプラセンタジェル→10分程度で乾いてきたら乳液orクリームで保湿」

この使い方であればヒトプラセンタジェルの成分・効果を最大限に引き出すことができます。

コツとしてはヒトプラセンタジェルが乾いてきたら乳液やクリームで保湿してあげる点でしょうか。

ヒトプラセンタジェルを塗り拡げた直後に重ねて保湿をしてしまうと、少し潤いとベタつきの間ぐらいの感覚が気になってしまいます。

またジェルの美容成分をお肌に馴染ませてあげる意味でも、10分程度の時間をおいてから乳液やクリームなどで保湿してあげるのがベストです。

少し手間がかかりますが、夜の入浴後のスキンケアなどのタイミングであれば上記の流れで使ってあげると美肌に役立ちます!

本気で美容・美肌ケアをしたい人は、毎日ヒトプラセンタジェルを取り入れた丁寧なスキンケアを続けることをオススメしますよ。

正しい使い方でヒトプラセンタジェルの効果を引き出そう

今回はヒトプラセンタジェルの使い方についてお話してきました。

他にもいくつかの利用シーンはあると思いますが、いずれの場合でも大切なポイントは共通しています。

・気になる部分へ塗る
・毎日の継続ケアが大切
・テカテカになるほど使うのはNG

このような点を意識しつつヒトプラセンタジェルを活用すれば、おそらくあなたが望む効果が比較的短期間で実感することができるでしょう。

ちなみに最後に挙げた本格的な美容ケアの流れが当然と思う人もいるかもしれませんが、仕事が忙しかったり子育てに追われていると中々時間が取れないもの。

忙しい人や疲れている日はお手軽ケアでも充分ですので、毎日ヒトプラセンタジェルでのケアを続けることが大切です。

たまに丁寧なスキンケアの流れ、使い方を取り入れるだけでも問題ありませんので、無理のない範囲でヒトプラセンタジェルを上手に活用したケアを続けていきましょう。

毎日無理なく続ける、それが何より大切なヒトプラセンタジェルの「正しい使い方」なのかもしれませんね。

-ヒトプラセンタジェル備忘録